アジアン美容クリニック クリニックご予約 中国語案内 韓国語案内
アジアン美容クリニックとは 院長紹介 院長コラム 診療案内 よくある質問 料金一覧 アクセス
院長コラム
院長コラム
 
日韓美容医療 最新美容医療 若返り
 
レーザー 脂肪吸引・メソセラピー わきが・多汗症 美肌・スキンケア
 
傷跡修正・修正手術 医療脱毛 美容医療と安全性 プラセンタ 美容再生医療
 
注射 プチ整形      
 
美肌・スキンケア
私が考える美肌治療・・・本当の美肌ケアーとは?医療で出来ることとは?

私が考える美肌治療・・・本当の美肌ケアーとは?医療で出来ることとは?



肌をきれいに見せること、肌をきれいにすること、美肌といっても2通りがあると考えます。化粧品の役割は肌をきれいに見せる美肌で、医療で目指すものは自分の肌を健康にすることで若々しく蘇らせることです。機能性化粧品、ドクターズコスメといった実際に美白、シワ、毛穴などに効果があると謳った製品も数多くありますが、実際大量に販売する化粧品であることには変わらず、誰に対しても刺激性や赤み、アレルギーなど、皮膚反応を起こしては販売できないという化粧品の性質上、効果を期待するには無理があるでしょう。(効果=組織反応であり、その場合、副作用もかならず、起こり得るからです。)

すると化粧品もオーダーメイドでなくてはならなく、ましてや肌の治療はその方に合ったものでなくてはいけません。そして美肌になるとは全く他人の肌にすることではなく、自分自身の健康な若い肌を取り戻すことだと考えます。それが実は簡単なものではない反面、正しい医療的治療をすれば可能であり、且つ非常に大切なことなのです。


 美白という言葉も東洋人の肌を白人のようにすることではなく、自分が本来持っている肌の健康な明るさを取り戻すことです。表皮のターンオーバーが促進され細胞再生順調に行われば、溜まったメラニンや老廃物も排出され明るさ、透明感が出るのです。毛穴や小じわも肌の再生力が高まり真皮のコラーゲン層が再構築されていくと自然に目立たなくなっていきます。


 肌は自ら美肌になる能力を持っています。その能力を引き出し助けてあげる治療が、私の目指すレーザー治療、ピーリングシステム、医療用再生クリームです。代謝が高まる夏こそ治療を始めるチャンスかもしれません。

 

 

 
 
HOME医院紹介院長コラム診療案内よくある質問施術費用一覧プライバシーポリシースタッフ募集サイトマップ
東京都台東区上野2-11-10 小島ビル3F 〒110-0005 Tel:0120-387-901(予約優先) Fax:03-3832-3313 E-mail:info@e-abclinic.com
Copyrights © 2006上野 美容外科 Asian Beauty Clinic. All rights reserved.